雨水でメダカを全滅させない!「ポリカ」でメダカ容器にフタをしよう!

梅雨時期に入って、雨が続く日もあれば、とんでもなく快晴な日もあって、奥様のメダカが絶不調ですけど( ̄▽︎ ̄;)

そのため、毎日、ヒヤヒヤしながら生活しているひろしゃん(@自己紹介)です。

どうやら、奥様が言うには、クリアブラウンのスワローメダカ全部、オチたみたい…。

(;・∀︎・)ハッ?

でも、

梅雨の時期にひろしゃんさん達は、雨対策など、梅雨時期のメダカ飼育は、どう対策していますか?

と、コメント欄に、メダカの雨対策についての質問が届くくらい、雨の日が続く、梅雨時期は、皆さん

深刻なメダカ飼育状況

みたいですので、今日は、奥様が、梅雨時期に、

どんな、雨対策をしながら、メダカ飼育をしているのか?

我が家の飼育場を見ていきましょう。

目次

メダカ容器のフタをして、雨対策しよう!

メダカ容器にフタをして雨水を防ぐ

ひろしゃん

雨の時期のメダカ飼育の対策って、なにかあるの?

奥様

ウチは、飼育容器が小さくて、水量が少ないから、雨水が入って水質変化を防ぐために雨の日は、必ず蓋(フタ)をしてる

ひろしゃん

おぉ~。

確かに、卵の付いた産卵床を浮かべておく、孵化したばかりのケースの上には

▼(2019年6月末頃)

メダカ容器の雨対策

ポリカーボネート製の板を使って、産卵床が浮かぶ容器のフタをして、雨水が入るのを防いでいます。

あわせて読みたい
メダカの産卵床が浮かぶ白い容器が並びだしました 産卵床が入った、白容器が、ズラーーーッと並び出すと、 始まったなぁ〜 って感じがします(๑˃͈꒵˂͈๑) 前回の時から、一段、増えた?かな もちろん、2020年も、産卵床と...
あわせて読みたい
孵化したメダカを透明ケースで管理する 【メダカの透明ケースにメダカのシール】 ゴールデンウィークに入り気温が上がると、メダカの活動が活発になり、 一気にメダカが産卵しだすのでは? と予測した奥様は… ...

もし、雨水をよけるフタが無かったら、雨水が、どんどん、メダカの飼育容器に入り込んでしまって、気付いた頃には、容器内の水が溢れだし

メダカの赤ちゃんが、外に流れていってしまいます

もちろん、メダカの赤ちゃんや、稚魚の容器だけフタをしていれば良い。というわけじゃなくて、

大きくなったメダカたちも、雨水が入らないようにしておけば、流れ出したり、メダカを死なせずに飼育することができます。

雨水による、飼育水の急激な変化

6月~7月の梅雨時期の長雨や、短期間に大量の雨が降り続く、ゲリラ豪雨などで、メダカの飼育容器内に雨水が入りつづけると

水質が、変化して、

水温が、変化して、

メダカの飼育水の状況が、急激に変化してしまいます。

この、

飼育水の急激な変化

が、メダカ飼育にとっては、致命的になるようで、毎朝、天気予報の確認をしては、庭にある、種親メダカが泳ぐケースにも、ポリカーボネート板を使って、

雨水を、しっかりガード

している奥様です!!

2019年6月末頃

メダカ容器の雨対策

スゲーーー。

雨水対策の、ポリカーボネート板の販売価格

ところで、フタをしていないメダカの容器があるのは、なんで?

と、気になったのは、駐車場側のメダカ飼育容器

メダカ容器の雨対策

こちら、雨水対策、ナシです。

奥様

って、フタをするポリカーボネート板無いだけだし‼!

ひろしゃん

いやいや、ホームセンターに行けば、2mぐらいで2,000円くらいで販売してるでしょ…。

って、梅雨時期に、飼育容器に雨水が入らないように使っている、

ポリカーボネートの板

ですが、実は、2枚で

約10,000円

軽量ポリカ波板5尺 NIPC-505
created by Rinker

します。。。

同じポリカーボネート板で、

波板と呼ばれるタイプ

の透明な板もあるのですが、そちらの場合

同じサイズで

約1,500円

と、かなりお値打ち。

でも、我が家では、

少々高い、平板のポリカーボ板を使って、雨水が入るのを防いでいます。

何故かというと、

めっちゃ、長持ちするから

我が家で使っているポリカーボネート板ですが、一番古いものは5年近く使っていますが、割れたり、欠けたりすることなく、ずーーーーーっと、問題なく使えています。

でも、やっぱり、ポリカーボネート板の金額が高いから、そんなに、枚数が買えなくて…。

ところどころ、継ぎはぎだったり

2019年10月頃の飼育場

メダカラック(棚)の、上の段に乗せてある容器だけ、フタをしてみたり…。

2019年10月頃の飼育場

メダカの飼育場

まぁ、メダカラックの1番上の段にあるメダカ容器は、フタをしてあるので、2段目、3段目は、フタが無くても、

ギリギリセーフかな…。

と、だまし、だましで、雨対策をしております。

  • 雨水対策に使うなら、長持ちする、平板タイプのポリカーボネート板がオススメ
  • 但し、ネット販売だと、5,000円を超えるモノが多いので、ホームセンターで、厚さ3mmのモノが、2,500円程度で販売されていれば、お値打ちかな。

ポリカーボネート板は、メダカの寒さ対策にも使えるので、購入しておいて損はないですよ。

フタをしない=全滅ということでもない。

メダカの雨対策をするのに、意外と金額がかかることに驚きましたが、これまで、メダカの飼育をするのに、たくさんお金を使ってきた奥様が、

過去記事の一部
あわせて読みたい
寒冷紗で、メダカの日除け対策と暑さ対策をDIYする 名古屋の気温 39度越え もの凄く暑いです(´Д`|||) 猛暑日が毎日続くせいか、 メダカラック(棚)に乗せてあるメダカ容器の水が熱湯になってる!! と、奥様からよく言われ...
あわせて読みたい
エアレーションを自作!エアー取り出し口を「棚と容器」に合わせろ‼ メダカの飼育をするのに、エアレーションは必要ですか? と、聞かれたら、 必要です と答えられるくらい、メダカ飼育の知識が付いてきたひろしゃん(@自己紹介)です。 ...
あわせて読みたい
トロ舟(プラ舟)を、メダカの飼育容器に使ってみた感想 【トロ舟(トロ箱)使ったメダカの飼育】 幹之メダカを中心に改良メダカが、人気になってきてる‌!! と勝手に思ってるひろしゃん(@自己紹介)です(*≧︎∇︎≦︎) まさか、小川...
あわせて読みたい
メダカの針子の餌になる光合成細菌(PSB)の増やし方 2019年は、三色ラメ幹之メダカを加温して採卵&孵化に挑戦中ということもあって、光合成細菌を購入して、孵化したメダカたち(針子)の餌として与えることにした奥様 ...
あわせて読みたい
メダカの加温飼育に使う加温容器と、エアーポンプはコレ 【メダカの加温容器が増え続ける2019年の加温飼育】 11月の末から、雷隠メダカを加温して採卵してる奥様😁 加温飼育中の雷隠メダカ 2018年頃のメダカの加温規模...

雨対策ポリカーボネート板を、ケチるだろうか??

ひろしゃん

メダカ容器のフタって、絶対必要なの??

奥様

雨の日は、フタをしたいけど。晴れの日は、フタはしたくないんだよね

というのも

雨が良く降る、5月、6月、7月は、結構、メダカが病気になります。

この理由は、

雨水が、メダカの飼育容器に入るから、メダカが病気になる。わけではなくて、梅雨時期になると、

太陽光がメダカに当たらないことで、メダカの体調が悪くなり、雨水で水質が変化して、病気になる。

ようです。そのため、

メダカを、しっかりと日光に当てて、健康に飼育したい!!

太陽の光が入り込まない日が続くと、メダカが病気になったり、成長速度が遅くなったりするため、

雨水を必ず防ぐために、フタが必要!

というよりは、雨水がなるべく入らないように、

太陽の光をメダカに当てる工夫をすること

が、雨が多い時期のメダカ飼育のコツかもしれません。

その他の梅雨時期のメダカ飼育の対策

雨の多い時期に、雨水がメダカ容器に入らないよう、ポリカーボネート板で、フタをすることで

  • 雨水が入らないため、メダカが外に流れていかない
  • 雨水による、急な水質変化水温変化がなくなるため、安定した環境でメダカの飼育ができる。
  • 屋外に屋根がない場所でも、安心してメダカの飼育ができる。
  • メダカが、太陽に当たる時間が少なくなりがちなので、メダカが病気になりやすい時期は、こまめにフタをとる必要がある
  • 暑い時期に、フタをしたままにしておくと、容器内の水が、お湯になっている場合も。
  • 平板タイプのポリカーボネート板になると、商品代金が、高い。

オバーフロー対策も有効

梅雨の時期(5月~8月)は、突然、雨が降るというよりは、2、3日、雨が降り続けたりすることで、飼育容器内の水の量が、徐々に増えてきて、

溢れ出すことがある

ため、雨水を防ぐフタはもちろんですが、

オーバーフロー対策

もしておくと、水が溢れずに済みます

あわせて読みたい
オーバーフロー対策。硬めのスポンジがスゴい! 今週は、メダカのエアレーションを作り続けたひろしゃん(@自己紹介)です。 エアレーション設備の導入まで せっかく、メダカ専用のエアレーション設備を設置する記事を...
あわせて読みたい
コレで大丈夫!メダカ容器の雨風対策 東海地方に台風が直撃です 夏は日差しで温度が上昇する為、スダレを垂らして直射日光を避けているメダカ容器ですが、 台風の日にすだれはダメです https://hiroshan-med...

メダカのガサガサは、やめておこう

さらに、梅雨時期のメダカをガサガサすると、

ヤバいです…。

ヤバいっていうのは、さっきも書いたように、梅雨の時期って、雨が降ったり、止んだりで、

  • 気温の差
  • 水温の差

があるせいで、メダカが弱ってる

んです。

そんなメダカが泳ぐ容器内に、素人のひろしゃんが、網を入れて、

ガッサ、ガッサ。

なんて、しようものなら…(´Д`|||)

あとは、想像通りの結果に…。って、

ガサガサしなくても、体調が悪くなるのが梅雨時期!!

なので、タモ網を入れたりすることは

なるべく、やらない方が良いです(。-`ω´-)

エサの与えすぎに、気をつけて

奥様

フタも大事だけど、梅雨時期は、エサの量を天気のいい日に比べてかなり少なめにしてるよ~。

ひろしゃん

なんで??

奥様

食べ残しで水が汚れても、雨だと水替えできないじゃん

ひろしゃん

なるほどね~

奥様

ミジンコだと、食べ残してもイイんだけどね。なかなか見つからない。。。

ひろしゃん

すみません…。

あわせて読みたい
ミジンコ捕獲用の大きな網で、ミジンコ捕獲できる場所探しの1年 【ミジンコが捕獲できる場所探し】 6月にミジンコを捕獲した場所 メダカが活動してない冬場を除いて、毎日、メダカにエサ与えている奥様のお気に入りのメダカのエサが ...

梅雨時期のメダカ飼育のポイント

  • 梅雨時期は、雨水が飼育容器に入らないようにフタをする。
  • タモ網を使ってガサガサしない!
  • エサも少なめにして、ミジンコなどの生餌を与えると良い
光 ポリカ中空ボード910×1820×4mmブラウンスモーク2枚入(t-195-0044)

カテゴリー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる